価格交渉をされたときに大切なこと

価格交渉はわりとある話です

土地をはじめとする不動産を売るとき、「価格交渉」といって「安くしてもらえないか」などと言われることがあります。
売る側としては大切な不動産を売りに出しているわけで、それが先祖から引き継いだ大切な土地であれば「価格交渉をしてくるなんてとんでもない話だ!ふざけるな」という気持ちになり、さらに「こんなやつに売ってやる土地はない」などと思うかもしれません。
土地を売る側も、誰もが売りたくて売るわけじゃありませんから、そういう気持ちになることも仕方がないのかもしれません。
でも、人間として「不動産を少しでも安く買いたい」という気持ちになるのは当たり前です。
そこで「ふざけるな」と思うのではなく、「土地の売買ではよくあることだと割り切り、受け止めるのがスマートです。価格交渉は本当に多いですから、相手も悪気があっていっているわけではないと考えることが必要ですね。

価格交渉を持ちかけられたら?

まずは話を聞くことです。
上述のとおり「価格交渉なんて失礼極まりない」と突っぱねる人もいますが、少なくとも相手は「土地がほしい」と思いこちらに話をしにきてくれたわけです。
相手にも相手の言い分がありますので、それを聞いてから「どうするか」を決めてもそれは問題ありません。
ただ「安くしろ」と思っているだけなのか、それとも相手なりに考えがあって言ってきているのか、それは話し合いをしてみなければわかりません。
一応は話を聞いてみるという姿勢はとても大切です。

売りだしてどのくらいに持ち掛けられた話しか

もし、その土地を売りに出してすぐに「安くしてもらえないか」と言われたのなら、断りたいと思うのも無理のない話です。でも、これが半年もしくは1年単位でという話しであれば検討されてもいいのかもしれません。
半年以上「かいたい」という人が出なかったのであれば、その土地の値段は相場より高いと考えた方がいいでしょう。相場より高いのであれば、やはり価格を見直すことが必要になるかもしれません。
その話をきっかけに、もう一度「適正価格かどうか」を考えてみませんか?価格を少し下げることで、売れやすくなるかもしれません。

売る人と買う人、それぞれ思うことは正反対だと思いますが、そこに必要なのが「話し合い」です。
よく話し合って落としどころを見つけ、その上で双方にとっていい話にするというのが必要なのではないでしょうか。お互いがいがみ合っていてもいいことはひとつもないですからね。