不動産買取の流れ

不動産の査定

もう一つの不動産売却の方法であれ不動産買取の流れについても確認しておきましょう。
こちらの方法では直接不動産屋に不動産を買い取ってもらうということになります。
こちらとしても時間がないので不動産屋に直接買い取ってもらったほうがいいという風に
判断される時に利用できます。

そして、不動産屋が買取に応じてくれるのであれば、不動産買取という方法が取れるということです。
不動産の買取の流れで始めに行うことは、
不動産屋にアクセスして売却予定の不動産の査定をしてもらいます。
不動産屋が売却予定の不動産を実際に見学したり、
立地条件を見たりするなどして判断してもらうということになります。
時間がないから不動産売却を選んでいるでしょうが、
できれば複数の不動産屋に査定をお願いしたほうがいいということになるわけです。
複数の不動産屋に査定をお願いした時にそれぞれの不動産屋で買取価格が出るでしょうから、
その中から一つの不動産屋と同意したということであれば
不動産買取の契約が成立するということになります。

契約は不成立

不成立
買取価格に同意しないということであれば契約は不成立ということになるわけです。
あとの売買契約の締結とか引き渡しに関しては不動産屋に従っていけばいいので、
基本的には不動産屋が提示するこの買取価格で決定するのかどうかということが
一番重要なことになります。

同意しない限りは複数の不動産屋に連絡し物件を見てもらって、
具体的な買取提示してもらうということを同意するまで繰り返すわけです。
買取価格に同意したということであれば、これから具体的な売買契約を結ぶ前に売買に至る
スケジュールの打ち合わせを行います。この段階で売買契約を結ぶ時に必要な書類の指示があります。

その後、売買契約を結ぶために不動産屋に行くということになります。
この時に必要となる書類というものがありますので、その準備をします。
不動産屋から具体的な指示があると思いますからそれに従えばいいです。
そこで実際に売買契約を締結します。不動産屋と直接取引を行っていますので、
仲介手数料を支払う必要はありません。

引き渡し

そして、引き渡しになります。事務的な書類の手続きが終わりますと、買取価格を受け取ります。
これで不動産買取が終了します。
買取の場合は不動産屋に買い取ってもらうということもあり、
仲介に比べたらはるかに短期間で手続きを終わらせることができるわけです。
不動産屋が買い取った後は、不動産屋が誰かにその物件を売却するということになります。
不動産買取の段階では儲けが出ていないということになりますので、
その後の不動産売却で儲けが発生しないといけないということになります。

そのため、自分たちが購入した価格よりも高い価格で売却しないといけないということです。
この時の売却価格は当然ながら相場の動向も織り込まないといけないわけです。
購入価格(買取価格)よりも売却価格のほうが高くないといけないわけで、
どうしても仲介に比べると買取の場合は買取価格が低くなってしまいます。