長野 未完成の街 上田市

まだまだ未完成?移住したい街といわれる長野、上田市

東京から新幹線を使えば75分という抜群のアクセスを持っている長野上田市、ここは今Iターン希望者が非常に多くなり、移住ということで注目されているエリアです。
長野県第三の都市といわれる上田市は、大河ドラマの舞台としても話題となった地域ですが、都市部から上田の移住を決めたご家族が非常に多くなっているのです。

47都道府県の中で常に移住したい県として上位に食い込んでくる長野県、その中でも未来を強く感じさせる街として知ってほしい街こそ、上田市といわれています。
どこにそれほどの魅力があるのか、その魅力を理解するとこの街に暮らしたい・・と思う方がきっといるはずです。

上田市の魅力はこれから街ができていく現在の空気感

長野県は美しい自然がたくさんある街が多く、それだけでも人気があります。
しかしこの上田市の場合、ほかに注目したい魅力があるのです。
それが「今まさに発展しようとしているエリア」という空気感、これは今この上田市だから感じられるイメージだといわれています。

東京に暮らしていた方がこの上田市に移住するということも多くなっていますが、この街は今まさに作り上げられている時期、ここに暮らすことで街ができていくときの活気、雰囲気を肌で感じることができるのです。
この先の自分を考えてみたとき、できあがった街でそのエリアの雰囲気に合わせてクラスよりも、自分が街の空気管を作っていくような居心地の良さがあります。

待機児童問題?ストレスのない育児ができる

東京、横浜、名古屋、大都市と呼ばれる所では必ずと言っていいほど、保育園、幼稚園に関する問題がでてきます。
待機児童問題はいつも保育園や幼稚園入園の時期になると一気に噴出するのです。
しかし上田市は待機児童問題は皆無、保育園や幼稚園が多く通わせる場所を選ぶこともでき、また土日は働くママ、パパのチカラとなる支援センターがあるので、子育てしやすさ抜群といわれています。

HanaLab等の託児所にはコワーキングスペースという子どもと親が一緒に楽しめるスペースが用意され、いつでも親子でのんびり楽しめる要素を持っていることも魅力の1つです。
東京から移住されてきた方は、この充実の育児、子育て支援や場所、さらに待機児童が全くいないという事が普通なんだという子の街にびっくりされます。

長野に来てぎすぎすした心ではなくなったという方も多く、この街は人に癒しとホッとする時間をくれる街ともいわれているのです。
また長野といえば、雪が結構振るというイメージがありますが、雪の量が少ないという特徴のある上田市は、雪に慣れていない地域からの移住を阻むこともなく、実に移住最適な要素を持っています。