宮城 名取市

宮城県、名取市、暮らしやすい美しい街

関東、東北地域で住みよさランキングを行ってみると、多数の魅力的な地域がピックアップされ、上位にはなるほど・・と思う魅力的なエリアが出てきます。
2010年度から6年連続で1位となっている宮城県名取市は、非常に美しい町であり、利便性も高く魅力ある地域です。

名取市は仙台市の南東部に隣り合っている街で、市の東南部に東北の空の玄関口といわれている仙台空港があります。
空港が近いということで非常に利便性が高いといわれているこの街は、仙台市で働く人たちのベッドタウンとして発展しました。

東北で未曾有の災害といわれた東日本大震災の後、さらに人気のある地域となり、人口、世帯数共に非常に多くなっています。
快適度という点をみても、全国で第3位という高いランキング成績を誇っているのも、利便性において9位という上位なのも、この街がいかに暮らしやすいかを表しています。

名取市は最高の機能を持っている地域

仙台空港にJR東北本線、さらに国道の整備もしっかりしており、交通機関が充実している地域です。
仙台市に隣接しているということで、仙台市に続き経済の服拠点となっています。

教育施設、文化施設なども非常に多く充実しているという印象がありますし、宮城の副都心と呼ばれるほどに利便性も豊かで、閑静な住宅地もあり家族にも単身にもご夫婦二人で新居を構えるという場合にも理想的な暮らしが出来そうです。

子育て支援にも力を注いでいる魅力がある

全国的に待機児童問題が大きくクローズアップされており、各地域で小さいお子さんを預ける事が出来ず働くことが出来ないと嘆く人たちが多くなっています。
待機児童ということに関しては名取市も子育て支援の中で非常に力を入れています。

3歳未満のお子さんに関しては全国的に見ても待機児童数が多くなっていますが、名取市ではこの数をできる限り減らしたいということで、各施設の受け入れ人員を多くするということ、また認定こども園を増設するために取り組みを進めています。

保育、教育と合わせた幼稚園と保育園の両方の資質を持っている認定こども園は、既存幼稚園などを利用することで、少ない投資によって待機児童問題を減らすことができると積極的に取り組んでいるのです。

全国的に見ても済みたい街ランキングの上位に入ってくる地域の多くが、名取市の様に子育て支援に力を入れており、子育てしやすいエリアとなっている特徴を持っています。

名取市でも子育て世代が安全に、楽しく、有意義に暮らせる環境を整備するべき行動を積極的に取っているため、そのことも、酢みたい街ランキング上位に入ってくる理由となっているのでしょう。