売却価格が想定より低い場合

不動産売却で査定額が低い時にはどうする?

不動産というのは売却を行うタイミングなどによって査定額が変わってくることがあります。
また査定方法によっても金額は変わってくるので、思っていたよりも査定額が低いというケースもあるでしょう。
しかしながら、思っていたよりも査定額が低くなってしまうと新居を購入する際などにも困ることになります。

そこで足りなかった資金をどこで捻出するのかといった問題にぶつかってしまいます。
新たに住宅ローンを組むという事も難しい状況であれば、少しでも査定額をアップするために工夫をしなければなりません。
万が一思っていたよりもはるかに査定額が少ないようであれば、どのような対策をすればよいのでしょうか?

まず第1に重要となってくるな査定を依頼した業者ではなく、違う業者で依頼をすることになります。
同じエリアで競合している不動産業者などに査定を依頼すると、他には負けたくないと言う一心から、査定額を引き上げてくれることもあります。

リフォームなどを行う

現状として査定額が低くなってしまうようであればリフォームなどを行い、原状回復をしてから査定をしてもらうといった方法もあります。
住宅というのは生活する年数が長ければば長いほど様々な部分で老朽化が目立つようになってしまいます。

ですから、このような部分を思い切ってリフォームしてしまい、その後査定をしてある程度金額が高くなった段階で売却するというのが良い方法になるでしょう。
特に築年数が経過している住宅の場合にはあらかじめリフォームをしてしまう方が査定額も高くなるといった可能性が高くなります。

一括で査定の見積もりをお願いしてみる

不動産の査定というのは、前述したとおりタイミングやエリアその他にも査定方法によって金額は違ってくるものです。
どの業者でも一律ということはなく、必ず金額は違っているというのが一般的です。

そのため思っていたよりも査定額が低い場合には一括査定のサイトで申し込みをしてみると良いでしょう。
こちらの方法であれば提携している不動産業者に一括で査定の申し込みができます。
その上で出張査定などを無料で行ってくれますので複数の業者が一度に査定を行ってくれるのです。

自らが一つ一つの業者に申し込みをする必要がありませんので、手間もかかりません。
また、複数の業者が競合することになるため、その中で最も高い査定額を出してくれた業者で取引をするといった方法がベストです。

一括サイトで申し込みをする際には当然ですがその他の業者にも申し込みが届いていることは、それぞれの業者が把握しています。
そのため競争する形になるのです。
あえて自分から他の業者に査定の依頼をしているなどと伝えなくても、自然に業者かの間で競合してくれますので思いのほか査定額がつり上がることもあります。