不動産売却仲介の流れ

不動産を売却するときの順番

不動産売却仲介を行う時の主な流れについて紹介していきます。
不動産を売却する順番としては、仲介業者に当たる不動産屋を選んでいくことから始まります。
売り手と買い手が直接取引を行うこともできますが、直接取引には何かしらの
トラブルが起きる可能性もありますので、一般的には不動産屋を仲介させることが多いです。
仲介させる不動産屋を選ぶために、まずは無料で売却予定の不動産を査定してもらいます。
この段階では1つの不動産屋に絞らずに複数の不動産屋に
査定してもらったほうがいいということになります。

査定の後には仲介させる不動産屋を決めていかないといけないのです。
ここでの不動産屋の姿勢であったり、
査定の際の客観性などを加味しながら決めていくということになります。
一概に高い査定を出したところが信用できるのかといえばそうではないということになります。
確かに不動産屋が査定価格を出してもらえますが、
どのくらいの売却価格にするのかは最終的には売主が決めるということです。

仲介してもらう不動産屋が決まった場合

仲介してもらう不動産屋が決まったということであれば媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約は3種類あり、一つ目は専属専任媒介契約で1つの不動産屋しか売却依頼ができないですし、
直接買主を探すこともできないというものです。
二つ目は専任媒介契約で1つの不動産屋しか売却依頼ができないのは同じですが、
直接買主を探すことは可能になっていますし、
専属専任媒介契約に比べると両方にとって縛りは多少緩いです。
三つ目は一般媒介契約で複数の不動産屋と売却依頼をすることができます。

この三つの媒介契約のうちどれを選ぶのかということがポイントになってきます。
媒介契約を結んだということになるといよいよ自分たちの不動産が売りに出されるということになります。
どれくらい購入希望者が出てくるのかというのが気になるところです。
購入希望者がいつまでたっても現れないということになりますと、
売却価格の見直しなどを行う必要が出てきます。

場合によっては、内覧といって購入予定者に対して今住んでいる物件の
見学の対応をするということもあります。
購入予定者が具体的に出てきた時にはお互いの仲介業者を介して
売主と購入予定者の希望のすり合わせをするということになり、
交渉によって応じられるところと応じられないところをはっきりさせておかなければなりません。

購入予定者との間で交渉が成立した場合

購入予定者との間で交渉が成立したのであれば売買契約を結ぶということになります。
不動産業者が仲介するような形で売買契約の内容を売主と買主で確認します。
このとき、買主から手付金をもらうと共に、
不動産屋に仲介手数料(売却価格×3.15%+63,000円が上限金額)の半額を支払わなければなりません。
引き渡しの時には現地に行って売主と買主、不動産屋が集まって最終確認を行うということになります。
買主に対しては鍵と重要書類を引き渡します。
このとき、買主から残金を受け取り、不動産屋に対しては仲介手数料の半額を支払う必要があるのです。