設備・オプションのチェックポイント

インターネット回線のこと

インターネットをたくさん使うう人の場合、その家のインターネット環境を調べる必要があります。
今はほとんどのところで光回線をひくことができる様になっていますが、一部「ADSLしかひくことができない」というところも存在します。ADSLでも普通にネットをするぶんには困らないことがほとんどですが、やはり仕事で使いたいなどという場合は光回線が引けた方がいいでしょう。その地域が光回線の対象内になっているかどうかをちぇっくしておかないと、あとから「ADSLしかひけなかった」ということになりますので、事前にしらべておきましょう。
回線に関しては、プロバイダなどに聞くことで調べることができるはずです。

水がつまらないかどうか

お風呂や台所の水回りをチェックし、水がきちんと流れるかどうかをチェックしましょう。
水が詰まってしまったら、そこはゴミが詰まっている可能性があり、水漏れになる可能性があります。きちんと掃除をかかさない家の場合、まずこういったことはありませんので、「ちゃんと掃除がされているかどうか」を調べることは大事なことです。外見だけピカピカにしたとしても、こういうことでは嘘をつくことができませんからね。
また、お風呂に乾燥機などがついている場合は正常に動くかどうかも確かめて下さい。一番強くしてみて、どのくらいの効果があるかどうかをみておくことも大事です。
そして、見ておきたいのが給湯器。
給湯器はいつ購入したものなのかは必ずチェックしておいてください。
給湯器はお湯を出す時に必ず必要になるものですが、寿命は10年程度と決まっています。給湯器が古いと、すぐに交換・・・なんてことになってしまいかねません。給湯器は決して安いものではなく、価格も高めなので、取り付けた時期に関してはきいておくことをオススメします。
また、給湯器にはたくさんの種類がありますので、どの種類の給湯器なのかをチェックしておきましょう。

エアコンのチェックも大事です

エアコンにホコリがたまっていないかどうか、壊れていないかどうかのチェックもしておきましょう。
また、エアコンの大きさが部屋の大きさにあっているかどかも重要。部屋の大きさに対してエアコンが小さいと、よく冷えなかったり暖まらなかったりとトラブルがおきやすくなってしまいます。下手すると買い替えになることもあるので、エアコンのサイズが正しいかどうか、すぐに壊れてしまわないかどうかを見ておいてください。
設備に関しては、疑問点があったらすぐに聞くことが重要です。