優遇税制にはどんなものがありますか?

不動産売却には税金がかかります

不動産を売却しようと考えている方は、どれだけの税金が必要になるのかを知っておかなければなりません。
不動産売却する際にはそこに対する利益について税金が必要になってきます。
もちろん売却をした際の利益などがなく、損失が大きければその分税金面では優遇制度を受けられるのですが、少しでも利益があった場合には、これが所得税や住民税として乗しかかってくることになります。

土地や建物などを売却した際の利益については譲渡益というものになりますが、これが発生すると、前述の通り所得税や住民税がかかりますので、これについてしっかりとした優遇制度を把握しておきましょう。
一般的に居住用財産を売却した際には特例がありますので、税金が軽減されるといった制度があります。

そこに関する要件はそれぞれで決まっていますので事前にチェックしておくと良いでしょう。
居住用の財産を売却した際に適用される特例は3000万円の特別控除の特例というものが一つ、軽減税率の特例というものが一つ、そしてもう一つは買い替え特例というものになっています。

3000万円の特別控除の特例に関しては所有期間にかかわらず適用されます。
軽減税率の特例は、所有期間が10年を超えるもしくは超えない場合とで軽減率が変わってくるものとなっています。
買い替え特例については所要時間や床面積に応じてそれぞれ軽減税率が変わってきます。

損失が出た場合について

これまで所有していた不動産などを売却した際に損失が出てしまった場合には、税金面で軽減されるといった優遇制度があります。
あくまでもこれは各居住用の財産を売却した場合になりますが、自宅そのものを売却して譲渡損失が出た時さらには、住宅ローンが残っている自宅を売却し、譲渡損失が出た時もう一つはマイホームの買換えで譲渡損失が出た時のそれぞれで特例があります。

自宅を売却して損失が出てしまった時には翌年から3年間にわたって控除を受けることが可能になっています。
住宅ローンが残っている自宅などを売却し、損失が出てしまった際には繰越控除等が適用されるケースがあります。
買い替えで損失が出た場合には上記と同じく繰越控除等が認められますので必ず申請した方が良いでしょう。

売却前に要件をチェック

上記のように不動産売却をする際には、いくつかの優遇制度を活用し税率を下げることができます。
しかしながら、どのような要件となっているのかを知らなければ実際には適応されないままとなってしまうこともあるでしょう。

そのため優遇税制にはどんなものがあるのかとともに、要件をしっかりとクリアしているかどうかを確認しておきましょう。
このような優遇制度を活用するのは大きな節税になりますので、タイミングなどを見計らって不動産売却を行うことも重要になります。