半年前に行動する

物件を売るって大変です

まず、建物を買うことはわりと簡単ですが、建物を売るということはとても難しいということを頭に入れておかなければなりません。
「いらなくなったら売ればいいや」という気持ちで、マンションや一戸建てを買わないことです。
これで物件を買ってしまうと、まず間違いなく失敗します。
物件を売る場合はその時の市場もありますし、買い手が探しているかどうかによっても変わってきます。
だからこそ、物件を売りたいと思ったら「ある程度の準備」が必ず必要になります。

物件を売るための準備

まず、物件を売りたいと思ったら「半年前には行動する」ということを心がけてください。
物件って、売りたいと思った時にすぐ売れるわけじゃありません。
おそらく「このくらいで売れるだろう」と思っている時間よりも売るにはかなりの時間がかかります。
はやく見積もったとしても、大体半年から1年くらいはかかると考えて下さい。
物件によってはもっと長くかかる可能性もあります。
それを考えれば、できるだけ早くに「売りたい」と申し出ることをお勧めします。余計に長くかかることがありますからね。
ここで、「売却のミカタ」で公開されている売るまでのスケジュールを参考に見てみましょう。

・査定価格や不動産や選びに一か月
・売り出しを実際に開始→買い手が見つかったとして契約を成立させるまでに2~3か月
・その後、引っ越し作業を行うのに一か月から二か月と、結構な時間がかかることが解るでしょう。

できるだけ早く動くことが、早い売却につながると考えておくことは大事です。

不動産屋を選ぶことはもっと重要

虫眼鏡と家のアイコン
信頼できる不動産屋を選ぶのは本当に大切なこと。
不動産は自分で売るのではなく、不動産屋を仲介して売ることになりますので「不動産屋と相性がいいか、信用することができるのか」を考えることは本当に大切です。
いろいろな不動産屋をまわって、「どの不動産屋を選ぶか」をしっかり考えることをお勧めします。
また、売却のためには用意しなければならないものもあるので注意しましょう。
例えば、「権利書」は絶対に持っていないといけませんし、固定資産税の納付書なども必要です。
必要なものがすべてそろっているかどうかも必ずチェックするようにしてくださいね。

不動産屋を選ぶところから、不動産の売却が行われると考えて良いでしょう。
あなたの大切な不動産を任せても良い相手なのかどうかを考えて選びましょう。
不動産を売るというのは、一生に何度もないことです。時間をかけて選ぶことが大事です。