住み替え

売却するタイミング

一戸建て
不動産を売却するタイミングとして挙げられるのが住まいの住み替えがあります。
住み替えというのは自分が所持している不動産を売却して、希望とする場所に不動産を購入するということです。
住み替えとはマンションを購入したけど、子供が生まれたから郊外のもっと広い土地に一軒家を建てようとか、今までは夫婦と子供二人で住んでいたけど、子供二人が成人して都会に住んでいるので夫婦二人では広すぎるので、二人分に適した住まいに住み替えようというようなことなどになります。
家族それぞれのライフサイクルの変化に伴って住む場所に関しては理想を求めて住み替えをするといったことも十分あり得ます。
いざ住まいの住み替えを行う場合に注意しないといけないのが、不動産売却と不動産購入のタイミングを合わせないといけないということです。
できることであれば同時期に売却と共に購入ができればいいのですが、実際にはすごく難しいのではないでしょうか。
不動産売却が先になる場合は売却した資金を元手にして購入する不動産の目星が付けられるということになります。
購入する物件がまだ決まっていない場合は売却が先になることが多いでしょう。
この場合は売却のために焦って安い値段で売り渡すということは少ないでしょうが、売却が決まった時には物件を引き渡す前に住むべき住居を決めないといけないということになります。
住むべき住居が決まらないということになりますとどこかで仮住まいをしないといけない可能性があります。
不動産購入が先になる場合というのはあらかじめ住むべき住居を決めてから今まで住んでいた不動産を売却するということです。

購入する物件をじっくりと決める

売却した資金を元手にすることはできないので、どちらかというと資金に余裕があるケースになります。
購入する物件をじっくりと決めるというためにはいいかもしれません。
ただし、なかなか売却が決まらないときには場合によっては二重ローンを支払う必要が出てきますし、場合によっては想定以上に売却価格を下げざるを得ないという状況に追い込まれることがあります。
住み替えを行う際には不動産会社の利用というのも当然考えるでしょう。
住み替えの場合の不動産会社の利用は売却するために利用するのと同時に購入するためにも利用するということがあります。
旧居と新居のエリアが近いということであれば、できるれば両方とも同じ不動産会社に任せたほうが窓口が一つで済みます。
担当者にしても住み替えを希望しているのが分かれば、できる限り売却と購入のタイムラグが発生しないように努力するのです。
住み替えのための資金がどのくらいになりそうかというのも住み替えるためには必要になります。
いくらで売れそうかとか、手元に残るのはどのくらいかとか、自己資金をどのくらい用意できるのかといったことなどがポイントになってきます。
資金に余裕がないもしくは売却代金を当てにしているということであれば不動産売却が先行するような形のほうがいいでしょう。