ハウスクリーニングを頼んでみる

マンションを売却する際に重要となる内覧

マンションを誰に売りたいというとき、そのマンションを購入したいという人にマンション室内を見せるというのは重要なことです。
室内をみる内覧を行うことで、購入するかどうか?購入者は考えるわけです。

内覧しても購入するかどうかはわかりませんが、内覧することでどういう部屋なのかを知ってもらうことができ、購入してくれる可能性がでてくるのです。
よく不動産業界で内覧を制する者は売却を制するなどともいわれます。

マンションを売却するという事を考えたときに、必ず必要になり大きなポイントとなるのが、内覧なのです。

内覧を成功させるために必要なハウスクリーニング

では内覧を成功させ、マンションを買いたい方との契約までこぎつけるためには何が必要になるのか、やっておくべきことは何かというと、ハウスクリーニングです。

マンションを見に来た人は出来る限りきれいな物件を手に入れたいと考えています。
売却する側は、その居室がキレイになっていればいるほど、契約に近づくことになるのです。

室内の状況によってはハウスクリーニングというプロの手で、室内をきれいに清掃してもらうことが必要な場合も多いでしょう。

ただし、ハウスクリーニングは費用がかかります。
清掃を行う場所、範囲にもよりますが、売却する物件についてすべてという事になると、十数万の費用がかかることもあります。

費用節減のために、出来るところは自分で・・

ハウスクリーニングは場所ごとに設定できるので、出来るところは自分で行うことで、費用を節減できます。
例えば、玄関や浴室などは素人でも掃除しやすい場所なので、徹底的に磨きをかけます。

こうして自分で掃除をしてみて、それでも気になる箇所があるという事なら、それからハウスクリーニングを入れればいいと思います。

キッチンや油とびがひどい場所、サッシなどは汚れがひどく落ちにくいので、この部分は業者にお任せする場所としていいと思います。

ハウスクリーニングして絶対に高く売れるとは限らない

勿論物件の状況、環境などによっていくらハウスクリーニングできれいにしても、高く売れるかどうかという事はわかりません。

購入される希望者がいる場合には、ハウスクリーニングの代金やクロス張替の費用分、値引きしますとした方が交渉しやすいといえます。
ハウスクリーニングを絶対にしておく方がいいという事はありませんが、やはり、費用をかけた分、契約により近くなれると思います。

心遣い程度に行っておくくらいの考え方の場合、ハウスクリーニングをしてもしなくても一緒と思うくらいしか変わってこないので、するのかしないのか、徹底して行うのかどうか、しっかり決める必要があります。