買主を探す為に何をしているか?

アピールを行っている不動産なのかがポイント

不動産を売却するときに不動産屋を選ぶポイントとして挙がってくるのが、
売却した不動産に対して不動産屋は買主を探すために何をしてくれるのかということになります。
不動産仲介という方法で不動産売却を考えている人であれば大事なところになります。
やはり不動産屋が買主を探すために動いてくれないと
不動産はなかなか売れないということは間違いありません。
購入をしようとしている人が不動産情報を知るには、
不動産屋が積極的に情報を提供してくれないと購入できないということになります。
インターネット
不動産屋がただお客さんが来るのを待っているだけというような場合では、
なかなか購入者は現れないということになります。
うまい具合に広告やインターネットなどを利用して購入者に
こういう物件があるよというようなアピールを行っているのかということがポイントです。

いくらインターネットのサイトを持っていたといっても、
そこのサイトを知らなかったら購入者にもてもらう機会は全くないということになります。
その不動産屋が知られているかどうかということも大事な要件になります。

不動産のポータルサイト

インターネットでその物件を知らせるためには自分のサイトだけでなく、
SUUMOやHOME’S、@nifty不動産といったような不動産のポータルサイトにも
掲載されていたほうが自分の物件を見てもらえる可能性は高いということが言えるでしょう。
ポータルサイトに掲載するためにお金はかかるでしょうが、
その分だけ多くの人に見てもらえる可能性が高まります。
不動産屋であればほとんどの業者が
レインズ(Real Estate Information Network Systemの頭文字をとったもの)
という不動産検索システムに登録しています。
参考:レインズ

ですので、レインズに登録されるかどうかというのも多くの人に物件を見てもらうためのポイントです。
ただし、レインズは購入者が物件情報を見るためのものではなく、
登録している不動産屋が物件情報を見るためにあるということです。
不動産仲介であれば必ず3つの中の媒介契約を結んでいるのではないでしょうか。
専属専任媒介契約であれば媒介契約を結んでから5日以内、
専任媒介契約であれば媒介契約を結んで7日以内にレインズに登録しないといけないことになります。

媒介契約を結んでいるか?

一般媒介契約であれば複数の不動産屋に売却の依頼をしてもいいという契約になり、
レインズへの登録は不動産屋次第ということになります。
このように媒介契約を結んでいたとしてもどの種類の媒介契約を結んでいるのかによって
異なってくるのです。

別の側面から見てみると、あまり周囲に不動産を売却するということを
公にしたくないというケースもあります。
その場合には一般媒介契約を結んであまり公にしないで販売促進活動を行うということもできます。
もしくは不動産仲介ではなくて、不動産買取という方法で不動産屋に買い取ってもらうということを
検討してみてはいかがでしょうか。そういうことは不動産屋と相談してみるといいです。