信頼できる担当者がいるかどうか

担当者との信頼関係がポイント

売却などに関わらず、不動産屋を選ぶ時にポイントとなることは、そこが信頼できる不動産屋かどうかが大事になってきます。
不動産買取であれば、自分たちの物件を売る相手が不動産屋になりますので、提示された金額で契約ができればそれで終わるわけです。
いわば業者選びは、金額の提示額によって決まってしまうところがあります。
取引しているビジネスマン
その一方で、不動産仲介であれば、不動産屋とのかかわりは売主と買主をつなぐ媒介役ということになります。
不動産仲介であれば、不動産買取に比べますと業者とのかかわりは多くなっているのです。
不動産を売却するためには、業者をしっかりと選ばないといけないということになります。

業者がちゃんと売るための活動を行わないと、結局のところは早く売却が決まらないということになってしまいます。
売却のために、複数の業者に訪問査定の依頼を出すかもしれません。
複数の業者の中から選ぶ時に、真っ先に候補から外れるのは信頼できない業者ではないでしょうか。

信頼できない業者というのは、担当者の対応が悪かったという1点に尽きます。
悪いところについては印象が強烈に残りますから、そう思ったのであればその業者とは取引を行わないほうがいいです。

要望に答えてくれる人なのか?

その一方で信頼できる業者というのは、より信頼できる担当者に出会った時ではないでしょうか。
売却の場合であれば、訪問査定の担当者がそのまま担当者になるケースが多くなりますので、やはり信頼できる担当者かどうかがポイントになってくるでしょう。
そこでいろいろと質問したりすることで、自分に合うのか合わないのかを見極めていくということは大事です。

信頼できる担当者というのは私たちの要望について、できる限り答えるような努力が垣間見える人や、親しみやすく何でも相談しやすそうな人など好印象を持つ人ではないでしょうか。

訪問査定

訪問査定の際には、査定価格が提示されることがあります。
その際に具体的な根拠もないのに、査定価格を出すような担当者は良くないです。
査定価格を出すときは、きちんとその根拠を示す必要があります。

なぜその査定価格なのかという根拠があいまいな人というのは正直良くないです。
訪問査定のところは不動産買取でも不動産仲介でも同様に行われるわけですので、査定価格に根拠があるのかということについてはきちんと追求していったほうがいいでしょう。

訪問査定は不動産仲介の場合は業者の見極めの場になります。
売却が決まるためには、売主と不動産屋が協力しないことには決まらないということになります。
やはりお互いの信頼関係があるのかどうかということが問われてくるのです。

実際に売却のための販売活動を行うのは業者ということになります。
売主はどちらかというと業者からの報告を待つということになります。

買主がなかなかいないということになる場合には、販売計画の見直しに迫られるのです。
そこで業者の忠告が聞けるのかどうかというのも、信頼関係に関わってきます。

お互いの信頼関係がないということであれば、他の業者に媒介契約を結ぶのもいいかもしれません。