再建築不可な物件の場合

再建築不可とは?

指差す家のキャラクター
老朽化や法律の縛り、地形などにより不動産取引を行う時に
不利になるような物件のことをトラブル物件と言いますが、
その中でも「再建築不可」の物件の場合は、売却の難易度が高いです。

再建築不可とは、文字通り建築基準法で定められている接道要件
を満たさない理由で建替えや増強ができない状態にあることです。

昭和25年に制定された建築基準法の幅4m以上の道路に、2m以上土地が
接していることを満たしていない物件のことです。

火事が発生した場合に救急車が入れる最低限の幅が無い土地になります。

上記の場合、一度、既に建っている住宅を取り壊してしまうと、
同じ土地に住宅を建てることができないのです。

なぜ、再建築不可の状態が起こってしまうかというと、条例などで
住宅を建てられなくなったものに加えて、違法建築で建設した物件、
土地を分筆した関係で、もともと道路に面していた土地に住宅が
建ってしまう(住宅に囲まれてしまい土地を買い足すことができない)
ことが要因になります。

上記を踏まえても、やはり売却に至るというケースは少ないでしょう。

再建築不可な物件は非常に手間がかかる

不動産屋でも再建築が不可能な物件は積極的に扱ってくれないですし、
取り扱ったとしても、非常に手間がかかるということがあります。

仮に売却できたとしても購入金額を大幅に下回るといったことが多くなります。

しかし、そのような再建築不可に関するお悩みを抱えている方にオススメしたいのが
株式会社マーキュリーが運営している再建築不可.netです。

再建築不可の物件を専門に取り扱っていることから、専門知識とノウハウが
揃っており、対応も丁寧でスムーズに売却を行うことができます。

価値が低いと注目されなかった物件も、今までには考えられなかった価値を
見出せるようになってきました。物によっては大変魅力的な不動産になるのです。

また、他にもトラブル物件に強いこちらの会社は、様々な物件の問題について
知り尽くしているということがありますので、他にも問題箇所がある場合も相談が可能です。

再建築が不可能な物件を売却したい際は、まずは相談していただくことをオススメします。