不動産の売却が得意か?

不動産屋によって得意分野や特徴がある

不動産の売却がしたいといった場合にどういう不動産屋に
持っていくのかというのがポイントになってきます。
その街に不動産屋が一つしかないということであれば、持っていくところは一つに限られますが、
複数不動産屋があるエリアであれば、不動産屋を選ぶというところから入っていく必要があります。
不動産屋とはいっても実際の事業規模や業務内容はまちまちということになります。
不動産屋にはそれぞれに得意分野や特徴がありますので、それを見極める必要が出てくるのです。

具体的に不動産屋がどういう業務を行っているのかということについて確認してみます。
不動産売買や賃貸物件などの不動産仲介を専門にしているところや、
新築マンションや一戸建てを建設して販売しているような大手ディベロッパーのようなことを
しているところ、住宅以外の収益物件や土地の仲介を専門に扱っているところ、
賃貸物件の管理業務を中心としているところなど様々ということになります。

このように不動産屋でも得意分野と不得意分野(あまり扱っていない分野)があるということです。
賃貸物件の仲介に重点を置いているところと不動産物件の仲介に
重点を置いているところとでは宣伝活動や人材教育など全然違ってくるということになります。
賃貸物件の仲介を中心に行っているところに、
不動産を売りたいという風に持って行ったとしても良い結果になることは少ないということになります。

不動産屋を見極める

不動産の売却を行いたいのであれば、売却を依頼する
不動産屋の得意分野が何かを見極める必要があるということ他なりません。
不動産屋の免許は一つしかないので、不動産屋の免許があれば
どのような業務でも営業することが可能ということになります。

そこで鍵になるのが売買物件の仲介に強い不動産屋に持っていくということがポイントになってきます。
売買物件の仲介についてどのくらいの実績があるのかとか、
不動産の売却を得意にしているにかどうかなどを確認していく必要があるのです。
不動産の売却とはいっても、マンション物件や一戸建て物件、土地物件、事業用物件など
まちまちということになります。

ですので自分の売りたい物件を取り扱っているのかどうかということがポイントになってきます。
店頭の情報やホームページ、チラシなどのいろいろなチャネルで
その不動産の情報をつかむことが大事です。
不動産屋の得意分野を見極める方法としてはホームページやチラシを見て見極めるという方法があります。
ホームページやチラシというのは不動産屋の得意分野を前面にアピールしてくるわけですから、
そこを見れば不動産屋の得意分野が明確になります。

その不動産屋の情報を見てみると一戸建て物件やマンション物件の売買物件が
たくさん載っているということであれば、間違いなく売買物件の実績がある
不動産屋という風に見極めることができるということです。
そこのところから自分に合った不動産屋を見極めていくということが大切になってきます。