情報提供は的確か

しっかりわかりやすく説明してくれる?

皆様は不動産売却を何度も行ったことがあるでしょうか?
不動産購入や不動産賃貸のために何度も不動産屋とアクセスをしたことがある人もいるかもしれませんが、
不動産売却自体をそう何度も行ったことがあるような人は少ないと思います。
実際に不動産売却をしたことがある友人を探しても経験がないという人が多くいるのではないでしょうか。
それくらい不動産売却に関する知識を一般の人は持ちえていない人が多いということになります。
不動産売却のために不動産屋に訪れる機会は初めてだったとして、
その時に不安となるのは不動産売却のためのリスクやデメリットについてだと思います。
そういうところまでしっかりわかりやすく説明してくれるような業者であれば
いいのではないかと思うわけです。

不動産売却をすると売却価格分のお金が入って、その分で住宅ローンを完済しようということは
思い浮かべることができますが、実際にどれくらい不動産屋に支払う必要があるのかとか、
どういう流れで進められるのかということについてはわからないことが多いのではないでしょうか。

そういう分からないことについても詳しく教えてくれるような不動産屋を選んでいきたいものです。
売主に寄り添えるような不動産屋を選ぶようにしたほうがいいでしょう。

情報提供を行うという役割

不動産屋の役割としては売主に対してしっかりとした情報提供を行うことが求められます。
残念ながら素人に説明してもわかんないんだからということで
情報提供を行ってくれないような不動産屋も中に入るかもしれないですね。
プロである俺たちに任せなさいというような高飛車な姿勢で接してくるような
不動産屋もまだいるかもしれません。
私たちは高いお金を支払って不動産を購入して、できれば購入価格に近い形で売りたいと思っています。
その時に自分たちにわかりやすくメリットだけでなくリスクといったものを
説明してくれるのは当たり前ですね。

もし不動産選びを行うということであれば、不動産査定時に不動産屋を見極めてみてはいかがでしょうか。
その時にいろいろと質問をしながら信頼できる不動産屋かどうかを
見極めていくということが必要になってきます。
査定価格だけでなく不動産屋が取り組む姿勢なども評価してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、不動産売却をする時には不動産屋に対して
まず売主側が情報提供を行わないといけないということになります。
実際に不動産屋に売却予定の物件を見せないといけません。
物件を見ないことには不動産屋としては何ともできないので、
まずファーストコンタクトとしては物件を見せるところから始まります。

物件を見せる時には状態などを把握するために不動産屋の質問に答えていく必要があります。
瑕疵になりえる箇所についてはこの段階でどうするのかということについて
不動産屋に相談しておいたほうがいいでしょう。
売買契約が成立してから瑕疵になりえるところがばれた時には損害賠償の対象にもなります。
その前にばれたとしたら損害賠償にならないとしても、
不動産屋や買主から信頼されないということは間違いありません。