転勤などで引越しする

空家とする?誰かに貸す?

引っ越し
転勤が決まった時に気になることといえば現在の住まいをどうするのかということになります。
数年で戻るという確約があるということであれば、そのまま空家にしておくということもできるでしょうし、誰かに貸すというような選択もあるでしょう。
誰かに貸す場合は家賃収入によって住宅ローンを返済するということを考えてもいいでしょう。
現在の住まいに戻ってくる確約が得られないということであれば売却したほうがいいかもしれないですね。
賃貸がいいのか売却がいいのかというのはどうしても悩んでしまいます。
いくつか注意するべきポイントを提示しますので、それについて答えると共に総合的に判断するようにしてください。

ポイント01

一つ目は住宅ローンがまだ残っているのかいないのかということになります。
どうしても売却するときにネックとなるのが住宅ローンに関する問題になります。
売却した時に住宅ローンの残高が完済できるということであれば問題はないですが、売却してもまだ住宅ローンの残債が残る場合は売りたくても売れない状態になるのです。
なぜかというと、自宅を売却するためには抵当権を抹消しなければならず、そのためには住宅ローンを完済しないといけないからです。
売却しても住宅ローンの残債が残る場合には、自己資金で残債を返していくという方法と新しい場所で住宅を購入するというものがあります。
後者であれば残債分と新住宅購入費をまかなうための借り換えローンを利用して残債分を完済する方法、賃貸物件に出すことで残債分を完済する方法などがあります。

ポイント02

二つ目は一つ目と併せて考えないといけないところです。
仮に住宅を売却した場合にどのくらいで売れるのかということになります。
転勤ということであればおそらくそんなに時間がないということも考えられますので、売却する際に住宅ローンがどのくらい残っているのかということを計算しながら売値を気にしていかないといけないでしょう。
転勤する前に住宅が売れるのかということも気になるところです。
売却することに主眼を置くのであれば不動産買取のほうが早く済みます。
時間が十分取れたり高く売りたいということであれば不動産仲介のほうがいいでしょう。

ポイント03

三つ目は現在の住まいに戻ってくる予定があるのかどうかになります。
戻ってくる予定がないのであれば新しい住居というのも用意しないといけないわけですから、売却して一気に住宅ローンを返してしまったほうがいいでしょう。
現在の住まいに希少価値があり賃貸収入が見込めそうということであれば賃貸にするのも悪くはないでしょう。
戻ってくる予定があるのであれば、それまでは空き家にするか賃貸にするか友人に貸すかということになります。

ポイント04

四つ目は賃貸にした時にどのくらい需要の見込みがあるのかということです。
賃貸にしたからといってすぐに入居してくれるわけではありませんし、家賃収入が確実に入ってくるということでもないでしょう。
家賃収入が入れば確かにメリットにはなりますが、メリットとデメリットを十分考慮に入れて決めることをお勧めします。