住宅ローンが苦しい

何らかの対応を考えなければならない

住宅ローンは何十年も払い続けていかなければいけないわけですから、その期間中に夫のリストラやマイカーローンなどほかのローンを抱えていたり、給与やボーナスのカットなどで住宅ローンを支払うのが苦しかったりすることがあるのではないでしょうか。

現状住宅ローンの支払いができているということであればいいのですが、子供の成長と共に子供の教育費が高くなってきますから、タイミングによっては住宅ローンの支払いが苦しくなることが予想されます。

収入がどんどん減っているにも関わらず、支出が増える一方ということであれば住宅ローンの支払いで苦しくなってきます。
住宅ローンが苦しいということであれば何らかの対応をしないといけないということになるのです。

いったん住宅ローンの返済を滞納してしまうことになりますと、場合によっては競売にかけられることになり夜逃げ同然で強制退去する羽目になってしまいます。
住宅ローン支払いの滞納前ということであれば金利が安い住宅ローンへの借り換えを検討するか、住宅ローンの返済条件の変更を検討するかということになります。

どちらにしても元本が減るわけではないということになるのです。
住宅ローンの借り換えの場合は新しくローンを組みなおすということになりますので、手数料などの諸費用がかかることになるのです。

ローンの組みなおし

金利の安さということだけでなく諸費用も含めて判断していくといいでしょう。
当然新しくローンを組みなおすことになるので審査が必要になりますので、場合によっては借り換えできないということもあります。

住宅ローンの返済条件の変更の具体例としては、ボーナス払いの取りやめや借入期間の延長、返済額の減額など金融機関と要相談ということになります。
期待通りのものが受け入れられるかどうかはわかりません。

売却を考えるというのも一つの手になります。
売却によって住宅ローンが完済するということであれば、住宅ローンの苦しさというのは一気に解消するということになります。

住宅ローンを滞納する前というのが売却のチャンスということになるのです。
この場合であれば自分たちのペースで売却することができます。
売却を考えるにしても住宅ローンが完済できないときが困ったことになります。

その場合は任意売却によって債権者の同意を得たうえで不動産を競売にかけずに売却することができるのです。
住宅ローンの残債が残っていても抵当権を抹消するように依頼することで売却することができるようになります。

残債については返済ができる範囲で少しずつ返済していくことになります。
任意売却については不動産屋に相談することが一般的です。
他に借金があったり住宅ローンの残債が多く残っている場合には債務整理を行わないといけないということになります。

債務整理とは自己破産や任意整理、個人再生などの方法があります。
債務整理になってしまいますと自分たちだけでは手に負えないことになるので、弁護士や司法書士と相談しないといけないということになるでしょう。