動画配信を使った対応

動画で物件の中を紹介するということも!

今は不動産業界もどんどん変わってきています。
時代がインターネット全盛期になってからというもの、インターネットを使って物件を公開するようなところも増えてきました。
以前は不動産屋に行って直接物件を見て~ということが主流でしたし、今もそうなのですが、今は画像や動画を使って配信をしていくことで「物件の情報をより多くの人に知ってもらう」という工夫がされています。
よく考えてみて下さい。
間取りを見て「この物件はいまいちだな」と思っても、実際に見てみたら「綺麗でいいな」って思う事ってありませんか?もちろん、逆もあります。
そのようなことがあるので、実は画像などで物件の内部をきちんと紹介するというのは大切なことなのです。
最近は、それに加えてユーストリームなどの動画を使って物件公開をする例が増えてますね。

動画を使って物件公開!ユーストリームのメリットとは

まず、ユーストリームを使うことで「わざわざ現地に赴く手間が減る」ということがあります。
物件探しをする人と言うのは近隣の人に限りません。
転勤族で、遠方から探しにくるひとだって本当にたくさんいるのです。
そういう人たちは、限られた時間の中で物件を見て「どこに住むか」を決めなくてはなりません。
でも、「物件をみてもいいものが見つからなかった」と帰ってしまうことが本当に多いのです。時間内にいい物件を見つけることができなければ、帰れなくてはなりませんからね。
そこで、ユーストリームなどで物件情報を配信し「来る前にある程度の物件情報を知ってもらう」という工夫がされています。
これなら、ある程度は目星をつけた上で上京することができますのでオススメです。

海外からでも見られる!

このユーストリームなら、海外からでも物件のチェックが可能です。
海外から「こういう物件があるんだ」と見る人がいるかもしれませんよね。
質問もその場で受け付けて答えるという形式をとっていることが多いので、解らないことは逐一解決しながら物件探しを継続できるのもポイントです。
手早く物件を探したいと考えている人にとって、ユーストリームを使った物件探しは非常に有利なものになるでしょう。
もし自身が売る側になったとしても、このユーストリームを使った紹介は取り入れてみるといいでしょう。
相手にとっても非常に丁寧な対応になり、好感をもたれるのではないでしょうか。これも、インターネットが普及したからこその方法ですね。