ローンが残っている物件でも売ってよい?

ローンが残った状態でも売却は可能

ローンは不動産を購入した際についてきてしまうものですが、不動産売却についてローンが残っている状態でも行うことはできます。
しかし売却を行ったとしても、ローンは決して帳消しにならないということを知っておきましょう。

残っているローンについては従来通り売却をしても支払っていくことになりますが、小額ずつ返すことになっていきます。
各借入先で売却をした時に、残高について減額してくれるケースもありますので、しっかりと事前に把握しておきましょう。

時にはローンを保証会社によって支払っていく代位弁済という方法もあります。
債務者が代わりに保証会社が支払った分を返済していくことで成立していきますので、事前に内容を知っておくことが必要となります。

任意売却を行う際に気をつけたいこと

返済を行う時には自宅を売却の代金としていき充てていくことになりますが、任意売却となると自宅の価値がローンの残高よりも多くなっているケースもあります。
たとえ不動産売却を行ったとしても、全額ローンを返済していくことができません。
ローンの残高から物件価格を差し引いた金額が、ローンの残額として残っていきます。

残っているローンについては速やかに返済をしていかなければなりませんが、すんなりと払っていくことができるという方はほぼいないといっていいでしょう。
少しずつ残っているローンを返済していく計画は、事前に入念に決めていくようにしましょう。

住宅ローンについて不動産を担保にしているような状態で借り入れているということもありますが、残債が無担保の債務になっていることもあります。
支払いがどうしても難しくなるような場合だったとしても、ローンなどを厳しく取立てていくことはあまりないといっていいでしょう。

支払っていく条件を見直していくことも、各金融機関などで柔軟に応じていくことがあります。
しかし支払わなくても問題ないということはありませんので、残っている以上は返済を続けていかなければなりません。

不動産売却で残債を減らすこともできる

債権について回収している会社へ不動産売却について知らせておくと、おまけしてローンなどを減らしてくれることもあります。
少しでも業者などは回収していきたいところではありますが、いつ完済できるかわからないようなローンであっては意味がありません。
そこで生活状況などを考慮していきながら返済をしていくことが可能な金額に、不動産売却後に設定していくこともできます。

どうしても返済が厳しくなっていくようであれば、一度相談をしていくといいでしょう。
もしかしたら内容に応じてくれて、無理のない金額へと変更していくことができるでしょう。