買換えの際、売却と購入はどちらを先にした方が良いですか?

売却と購入について比較をしていく

不動産の購入と売却について、タイミングは永遠のテーマといえるでしょう。
自宅を買い換えようと考えていく場合に住んでいた家を売却していくのが先になるか、新しく家を購入していくのを先にするかがポイントとなります。
ただ売主の事情などでケースバイケースになってくることでしょう。

売却を先行させていくか、購入を先行させていくか、そして売却と購入を同時も進行させていくパターンもありますので、タイミングをしっかりと見極めていくようにしましょう。
新規で土地を購入して、自宅を建てていこうとする場合などでは、建売と異なって設計もしくは建築の期間についても半年ほど見ていかなければなりません。

できるだけスケジュールとして買うことを先行させていきたいところでしょう。
新築マンションについても建築が始まる1年以上も前より販売を開始するケースがありますので、不動産売却をスムーズに行いたいところでしょう。

新しい家や土地そしてマンションについて、不動産売却よりも先に購入していくようなことがあると、売却価格が相場以上に安くなってしまうこともあります。
買主をスピーディーに見つけていかなければ、整理などをつけることもできずに進めていくこともあります。

売却を優先した時の注意点を知る

不動産売却を先に行っていくと、資金繰りについて明確にしていくことができます。
自宅を売却へ出して後だと価格を最初にはっきりとさせてから新居を探してみたいと、ついつい考えていくこともあるでしょう。

しかし堅実な選択ともいえます。
自宅の住宅ローンがどうしても残っているような状況でも、売却が先行していくケースが大半を占めています。

ただ売りを先行させていくことによって、自宅を引き渡すタイミングと住宅を購入していくタイミングが合わないという状況も生まれていきます。
そうなると仮住まいを探す必要も出てきてしまいます。

そうなってしまうと引っ越し代や敷金や礼金、さらには仲介手数料や家賃そして備品購入費などといった費用がかかってきます。
これで合計100万円以上になってしまう可能性もあります。

新居を購入していこうとする時、不動産売却を行っても費用がマイナスになってしまうこともあります。
そして犬や猫などといったペットを飼う時には家庭と相談をしながら決めていくというケースもあるでしょう。
仮住まいは制限されてしまうこともありますので、事前に考えている時には賃貸情報などをチェックすると良いでしょう。

理想の物件を不動産売却を行いながら探していくのがベストとなっています。
そこから売却を進めていくと、目的意識についても明確になっていきます。
内覧や雑用などのスケジュールも決まっていきますので、じっくりと検討していきながら決めていきましょう。