住みながら家を売却することは可能ですか?

住んでいても家は売れる

今現在自宅として生活をしている家を今後、売りたいと考えている方は、売りに出す前の段階で引越しをしなければいけないと思ってしまうことがあります。
しかしながら実際に住んでいる状況であっても家を売ることは可能ですので、売りを先に考えるのか、買いを先に考えるのかライフスタイルに合わせながら検討していきましょう。

住んでいる状態で家を売る場合のメリットとしては、金銭的な目処が明確になりますので新しい家を購入する際にも予算をはじめとした様々な計算がしやすくなります。
また買い手が見つかるまでは今の家で生活をすることができるため、1時的にどこか別の場所で生活をしなければいけないといった心配がありません。

しかしその反面で、デメリットもあり生活をしている状態で買い手を探すということは、今の生活を赤の他人に見られてしまうということになります。
こういったプライベートな部分で抵抗を感じてしまうようであれば、住んでいる状態ではなく一度どこかに移住し、しっかりとお掃除などをした後で内覧を含めた買い手探しを始めると良いでしょう。

住んでいる状態で売るときの注意点

今現在生活をしている状態で今の家を売りたいのであれば、内覧の際にはいくつかの注意点があります。
まず第1に、これまで生活をしてきた中で、家庭内にはいくつかの傷が残っていたりすることもあるでしょう。
また、見えない部分で劣化していることや、老朽化していることもあります。

こういった部分を買い手側とどのような条件で契約をするのかが重要になります。
契約が終了した後で内覧の時には見えなかった傷などが見つかると、トラブルになってしまうことがありますのでここは細心の注意を払いましょう。
査定をする際にもしっかりとこれまでの老朽化や傷なども含めて査定をしてもらうことが重要です。

また買い手側に対しても、このような部分をしっかりと正直に話した上で契約を結びましょう。
そこさえ注意していれば住んでいるままの状態で家を売るということも、さほど難しくはありません。

引き渡しのタイミングも相談する

上記のような部分に気をつけながら住んだままの状態で家を売ることは可能ですが、引き渡しのタイミングはしっかりと相談してください。
契約が終了し、先方から売却におけるお金が支払われた段階で引き渡すといった契約にしてしまうと、次の家を見つけるまでの間に困ることもあります。

契約が決まった段階で次の家を探し、しっかりと引っ越しが終了してから引渡しをすると言った内容で契約を結びましょう。
住んだままの状態で家を売る際には一番最初に買い手を探す、二番目に自分たちの新居を探す、そしてその次に買い手側からの支払いを待つ、これが終了した段階で、新居への引っ越しを行い買い手側に対して引き渡しを行いましょう。

このような流れで家の売却を行えばトラブルも避けることが可能です。
また自分たちが1時的に住処を探す必要がありません。