賃貸中の物件を売りたい

不動産売却は賃貸中でも可能

賃貸中の状態であっても不動産の売却を行うことはできます。
査定も行うことができますので、不動産売却を検討している方は相談をしていくといいでしょう。
ただ注意しないといけないポイントが色々とありますので、事前に調べていくといいでしょう。

一軒家であってもマンションであっても賃貸中であれば、最初に賃借人について考えていかなければなりませんが、オーナーチェンジを目的に不動産売却を検討する方もいます。
買主というのも一般的な居住を目的としているのではなく、投資をメインとして購入していこうとすることになります。

そのような状況であれば特に問題はないので、普通に不動産売却を進めていくといいでしょう。
最初に不動産売却について相場を調べていくところから開始してきましょう。

賃貸契約終了した後で売却をする場合

不動産売却を検討していく中で賃貸契約を知っておく必要があります。
主だって一般借家契約という契約と定期借家契約という契約の2種類が存在しています。
一般借家契約について見ていくと、借り主である賃借人に対し、契約が満了する半年から1年前までに申し出ていくことと、退去していく際に正当な理由を伝えていかなければなりません。

不動産売却についてみていくと、正当な理由というのが問題となってきます。
そもそも不動産売却というのが正当な理由になっていないので、トラブルになってしまうこともあるでしょう。

引越代だけでなく、それ以上の金額についても売却時に支払うこともありますので、必ず信頼することができる不動産会社に相談していきましょう。
賃借人との交渉については、安心して頼んでいくことができるでしょう

その一方で定期借家契約の場合をみていくと、契約の期限によって普通にマンションなどでは退去していくことができます。
普通に退去をしていった後で、売却のために不動産会社へ依頼をしていくようにしましょう。
退去が少し後だったとしても査定を現時点で行っておき、すぐに売却することができるように体制を整えておいても問題は一切ありません。

契約中に不動産売却を検討する

賃貸契約の間に不動産売却を検討したいという時、少し厄介になってきます。
賃借人が引っ越さなければなりませんので、事前に交渉していくことが必要となってきます。

賃貸契約の状況によっては裁判沙汰になってしまうこともあります。
物件については不動産会社に相談をしていきながら、売却の問題を解決していくようにしましょう。

査定方法については、賃借人がいる時といない時で異っていきますが、その理由は買主の目的が変化していくためです。
賃借人がいなければ買主は居住目的ということで購入していきますが、いる時には投資目的になります。
内容を踏まえながら、しっかりと不動産売却を検討していきましょう。