不動産を売却するにあたって

不動産を売却したい・しなくてはならないという事情は、まさに人それぞれです。
例えば、転勤などで別の地域に住まいを構えないといけなくなったり、急激にお金が必要になるために不動産を売却しなければいけなくなったりするなどの理由があるでしょう。
長い人生で見ても、不動産を売却する機会はそれほど多くありません。
それなのに、金額が大きくて失敗できない為に、皆さん必要以上に「怖いこと」「難しいこと」「面倒くさいこと」とお考えではないでしょうか。
当サイトでは、そんな不安を感じている方々に、少しでも有益な知識を身につけてもらえるように誕生しました。
まずは、不動産を売却する方法である「仲介」「買取」の違いについてご説明します。

不動産を売却する2種類の方法

不動産を売る方法としては仲介業者(一般的には不動産屋)を介して不動産の買い手を見つけて
売買する不動産仲介と呼ばれる方法と、仲介業者を介さず直接売主が買主を見つけて2者間で
売買する不動産買取と呼ばれる方法の大きく分けて2種類があるのです。

売却の方法として2種類ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
それぞれの特色を把握したうえで自分にとって適切な不動産売却方法を選んでもらいたいです。

それぞれのメリット・デメリット

仲介と買取の大きな違いは、売主と買主の間に仲介者が入るかどうかの違いです。

仲介者が売主の代わりに買主を探すことになり、売主と買主の条件を調整することで売買契約に至るやり方が、いわゆる仲介ということになります。
買取のほうは仲介者を介すことがなく直接売買契約に至るというシンプルなやり方です。
売主の人が望む条件としてはできる高く売りたいという人とできるだけ早く売りたいという人の2つのニーズがあります。高く売りたいということを優先するのであれば仲介のほうがお勧めです。

値段の高さよりもスピードを優先する場合は、買取のほうをお勧めします。
仲介の場合には仲介業者が購入希望者を募集しないといけないということになります。
購入希望者が運よく出てくれば早く売却することができるでしょうが、
購入希望者が現れないという可能性もあるということになります。

売却希望価格が相場に比べて高すぎると購入希望者は現れにくくなるのに対して、
買取の場合は買主が個人(法人)ということもありますが、
一般的には直接不動産屋と取引をするということになるのです。

不動産屋と直接取引を行うことになりますので売却までの時間も短縮することができます。
仲介と買取では売却価格が全然違ってきて、一般的な傾向でいうと仲介のほうが売却価格が高く、
買取のほうが売却価格が安いということになるのです。
仲介は仲介業者が間に入りますが、基本的には買主と売主との間の売買ということになりますので、
売却価格は売主の希望が反映されるということになります。

買取の場合は不動産屋が抱えるリスクが大きすぎるということがあります。
不動産屋が不動産を購入するのであれば、売却しなければ利益にならないということになってくるのです。
不動産屋が大きなリスクを抱えてしまうという被害を最小限に抑えるために、
どうしても買取のほうが売却価格が安くなってしまうということになります。